読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SUPERBALLING

とりあえず、好きなことともの。気になったことや疑問。独断と偏見に満ちた妄想。あたりで書いてます。

Twitterログ 9/6(火)メモ貼り、ほぼ日メモ

 

 

ほぼ日、今日のダーリンより

・「花に嵐のたとえもあるさ。サヨナラだけが人生だ」
 ということばを知ったのは、たしか寺山修司からでした。
 どこで、どんなふうに知ったのか憶えていません。
 そのことばを、なにかのよすがにしたつもりもなく、
 なんだか、かっこいいなぁと思ったのでしょう。

 その後、寺山修司のオリジナルではないとわかりました。
 『幕末太陽傳』というカルト的に有名な映画があって、
 それを撮った監督の川島雄三が言ったらしい、と。
 いまのようにウィキペディアで調べたりもしませんから、
 「あれは川島雄三のセリフだよ」とか、
 映画好きな人に聞けば、ああそうだったのかと思います。
 川島雄三を好きな人たちから耳にする川島雄三像は、
 なんだかとてもおもしろくてかっこいい人でした。
 だからといって、川島映画を観るような機会もなく、
 『幕末太陽傳』を観たのは、DVDになってからです。
 その後、若尾文子の映画をまとめて観るようになって、
 『雁の寺』という独特な名作が、川島雄三演出だと知り、
 あらためて「サヨナラだけが人生だ」の人か、と、
 感心しながら思い出したりしました。
 
 やがて、グーグル先生のおかげで、
 「サヨナラだけが人生だ」は、
 寺山修司でも川島雄三でもなく、
 井伏鱒二が元だったと知ることになります。
 さらにいえば、その井伏鱒二もじぶんの作ではなく、
 唐の時代の漢詩を意訳したということだったらしい。
 よく調べれば元になる漢詩もネットで見られますが、
 井伏鱒二の意訳のほうが、しみじみしてていいです。
 
 と、ここまでは話のまくらみたいなもので、 
 かつて、ただなんとなくかっこいいと思ってたことばが、
 もっとずっとおもしろく思えてきた、
 ということが、言いたかっただけなのです。
 もっと現実感に合わせて言うならば、ほんとは、
 「出合いと別れが人生だ」なのでしょう。
 でも、わざわざ「出合い」のほうを削って、
 「サヨナラだけが人生だ」という心持ちに、趣がある。
 出合いよりも、別れのほうが、人間的だというか、
 すべての人が、みんな味わえるものですからねぇ。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
ふと、そんなことを思い出した、というだけのことですが。