読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SUPERBALLING

とりあえず、好きなことともの。気になったことや疑問。独断と偏見に満ちた妄想。あたりで書いてます。

Twitterログ3/1(水)ほぼ日メモ

 

今日のダーリンより

・もう2年くらいずっと、毎日ヨーグルトを食べている。
 シンプルなヨーグルトメーカーで、眠ってる間につくる。
 食べ終えつつあるヨーグルト50グラムを、
 プロテインシェーカーに入れて、牛乳1パック500cc注ぐ。
 よくかきまぜてタイマー仕掛け、寝て起きたらできてる。
 甘みはオリゴ糖でつけたり、ハチミツにしてみたり、
 シナモンをパラパラっとやったりカルダモンを振ったり、
 しょうがシロップで食べたり、あんずジャムで食べたり、
 毎日のことだから、いろいろ手を替え品を替え、
 飽きないように工夫しながら続けてきた。
 しかし、このところ、こういうルーティンのなかに、
 とんでもないスターが登場してきたのである。

 いちごだよ。

 甘みのほうはハチミツなどにまかせることにする。
 新鮮ないちごを大きいままポンッと入れたり、
 四つ割にしたり、八つ割にしたり、細かく刻み入れたり、
 まっ白なヨーグルトの上に踊らせるわけ。
 あまおう、とちおとめ、やよいひめ、スカイベリー、
 どれだっていいよ、みんないいこ。
 これまでのヨーグルトライフも悪くはなかったが、
 いちごが入っただけで、わぁっと華やぐのよ。
 おれは、どっちかといえば少女成分を持ってる男だ。
 かわいいものが好きだ、文句はあるか、だ。
 しっかし、かわいくて、おいしいのだから大変だよ。

 前にも、言ったはずだ。
 ショートケーキの上に乗っかっているいちご

 あのいちごのようなアイディアが、あるかないか、だ。
 ショートケーキにいちごが乗ってなくてもおいしいのだ。
 だけど、いちごが、そこにあるだけで、
 生クリームをまとったケーキは、舞台になる。
 いちごという主演女優が艶然と微笑むためのね。
 それが、ヨーグルトでも同じことだったんだよね。
 あらゆる場面で、こういうものが必要なんだよ。

 つまり、いちごだよ。

 あなたの、いまやってる仕事にもいちごを乗せないか?

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
昨日書いた「こころ」のこと、2008年にも書いていたね