読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SUPERBALLING

とりあえず、好きなことともの。気になったことや疑問。独断と偏見に満ちた妄想。あたりで書いてます。

Twitterログ12/8(木)ほぼ日メモ

 

ほぼ日、今日のダーリンより

・昨日は、アンリー クイールのお店で、
 ミナ ペルホネンとのコラボレーションの
 バッグの発表会がありました。
 もともと、アンリさんのつくるものを、
 皆川明さんが愛用していたり、
 アンリーさんも皆川さんのデザインするものに
 共感していたらしいのですが‥‥。
 なんと、今回の共同制作のきっかけは、
 「ほぼ日手帳」が縁だったというのです。
 
 「ほぼ日手帳」は、年に一度、関係した方々、
 印刷会社、デザイナーの方々、お店の方々、配送の方々、
 あらゆる仕事の人たちが集まって、食事をしたり、
 報告や発表をしたりの会を続けてきています。
 そこに、アンリーさんのところから普賢寺さん、
 ミナから皆川さんも必ず来てくださっているのですが、
 ここで知りあったことから、今回のコラボに至った、と。
 そんなことは、あったらいいなという夢だったのですが、
 こうして、ほんとうになると、うれしくてたまりません。
 ぼくも、「お仲人さんですよ」なんて言われて、
 じぶんのことのように感激してしまいました。
 しかも、コラボ作品の出来がよかったんだなぁ!
 「ほぼ日」からも女性乗組員が参加しましたが、
 目をキラッキラさせて、にまにましながら眺めてました。
 
 皆川さんに、ときどきお会いすると、
 いつも、なにかしらの刺激を受けます。
 たいてい新しいことをやりかけていて、
 しかも、ずっと続けているものを大事に使っている。
 今年は、青山にオープンした『Call』の人事募集で、
 ぼくなんかよりもずっと年上の「先輩」が入社しました。
 その方々、ひとりも脱落せずに、
 見事に仕事をこなし頼られているということです。
 そういう報告も、聞いててうれしいですよねぇ。

 しかも、昨夜は、ちょっと立ち話程度の話のなかから、
 ひょっとしたらひょっとするような、
 「ほぼ日」関係のおもしろいプランが飛び出しました。
 こ、これはわくわくします、ぐるぐるします。
 何ヶ月か先でしょうが、実現しそうになったら言います。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
仕事って、遊びと混じりあってて、溶けあってるものだよ