SUPERBALLING

とりあえず、好きなことともの。気になったことや疑問。独断と偏見に満ちた妄想。あたりで書いてます。

Twitterログ 11/11(金)ほぼ日メモ

(実際11日のTwitterじゃないけど、もう習慣なんで失敬)

 

 

今日のダーリンより

・ぼくの11月10日の誕生日に
 お祝いのメッセージをくださった方々に、
 この場からお礼を申しあげます。
 ありがとうございました。

 毎年、「ほぼ日」の乗組員一同は、
 ぼくの誕生日を祝うという名目で、
 いろんなイベントを考えて、それをたのしんでいます。
 昨年まで、いちおう「サプライズ」という形式で、
 主役という役割のぼくに知らせずに、
 さまざまなプランを実行していたのですが、
 今年は、ちょっと自信がなかったせいなのか、
 非公式にぼくのところに訪ねてきて、
 「こういう企画なんだけど、どうだろうか?」と、
 サプライズ企画の根回しをしてくれたのでした。
 そこで、ぼくは「それは、こういうことになるぞ」と、
 ダメ出し的な感想を述べました。
 サプライズ委員会(仮称)は、なるほどと納得し、
 ぼくの逆提案したプランに賛同してくれたわけです。

 表参道からロマンスカーで箱根に行く。
 そこから、それぞれが自由にたのしんで、
 夕方に再集合して夕食とおたのしみ会に移動する。
 ざっくり言えば、こういうことです。
 箱根の「日帰り温泉」というのは、
 ものすごくいっぱいあってコンテンツに満ちてます。
 ハズレくじなしの自由行動ができるはず‥‥。
 「だれだったかの、なんだったかの日」にかこつけて、
 一日をのんびりたのしく過ごすには、
 まことに理想的な場所だったと思いました。
 
 あんのじょう、「だれだったか」さんも含めて、
 ご一同、温泉地帯をのんびりもぐもぐたのしんだようで、
 まことにいい一日になりました。
 そして、ぼくは、あらためて思ったのでした。
 熟若男女の「ほぼ日」のみんな、
 「TOBICHI」のアルバイトさんもぜんぶ含めて、
 100名ちかくの人たちが、ほんとうによく笑う。
 実に、「笑えるというのは、力だ」と。
 飛んで刺すのはカですが、笑えるのは力だと思いました。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
すっと「沈黙できる」、ぱっと「笑える」チームです。