SUPERBALLING

とりあえず、好きなことともの。気になったことや疑問。独断と偏見に満ちた妄想。あたりで書いてます。

Twitterログ 6/6(月) ほぼ日メモあり


 

 

ここにほぼ日さんメモを書くことをお許しください(誰に言っているのか)。うまく1日分をメモするのにちょうどいいなと思ってなので。

 

6/6 ほぼ日、今日のダーリンより

 「ほぼ日」の乗組員のなかには、
 何人もの「おかあさん乗組員」がいます。
 「ほぼ日」そのものが18歳になったというとき、
 幼稚園のこどもだった少年も、
 おかあさんより背の高い高校生になっていたりします。
 こどもたちには、ぼくもときどき会う機会もあって、
 小さかったなぁ、あほなことやってたなぁ、
 大きくなったなぁ、あいかわらずだなぁなんてことを、
 おかあさん乗組員と話したりもしていました。
 先日も、ぼくにしてみたらやや無責任な調子で、
 スポーツをやっている息子さんの進路のことなんかを、
 世間話として聞いていました。
 その話のなかで、おかあさん乗組員は、
 ニュースを告げるように、ぼくに言いました。 
 「それがね、息子が、じぶんのともだちやら、
 ともだちのおかあさんなんかに、
 わたしのことを自慢しているって聞いたんですよ」
 「それは、すごいね、こんな母親をねぇ」と、
 ぼくは相変わらず冗談めかしてあいづちを打ちました。
 「なにを自慢することなんかあるんだい」と言ったりね。
 「そうなんですよ。なにを自慢できるんだろうと、
 わたしも思ったんですよぅ。
 そしたら『いつも楽しそうに元気に仕事してる』って。
 ああ、それなら、そうかもしれないと思いましたよ」
 いい意味で、ちょっと衝撃的だった。
 こどもって、そんなふうに見ててくれるんだ。
 「楽しそうに元気に仕事してる」って、
 こどもにとっても、とてもうれしいことなんですねぇ。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
これからも、楽しそうに元気にやっていきたいと思います。