SUPERBALLING

とりあえず、好きなことともの。気になったことや疑問。独断と偏見に満ちた妄想。あたりで書いてます。

僕も個人の定番を探してみたいもんである。「Famous Glasses」

これだけで結構浮かび上がってくるのもおもろい。眼鏡をかける端くれとして、自分の定番はいつか見つけたい(見つけるよりも時間の問題かもしれないけど)。

 

これと全然関係ない話ですが。

 

ただただ自分に似合う(だろう)ものを、自分で見つけるなり見繕ってもらうなりもしたいんだけど、

個人的に難しいのは、似合わないようなのをあえて楽しんでつけたい衝動の部分。「ダサいを楽しみたい」ときです。これは度がすぎると周りを反応に困らせるときがあるようで、全部をテキトーに笑ってもらえてればいいだけなんだけれども。

 

好まれる(であろう)ものを強く求める「モテ〇〇」みたいなのがすごく苦手なのが、どこか共通している要素な気がする。「私のこれっていいんでしょ?」って感覚が強い人って、それに比例して相手のものに対する「それどーなの?」っていう感覚も強くなる気がするので。

一言で言えば、息苦しくて偉そうな感じ。

 

「モテ」たいという気持ちから生じてくる諸々によって学べることがすごく多いんだろうなということをこの頃強く実感していて、そういうことが希薄な自分としてはもうちょっとそこらへんをどーにかせねばと思いつつ、

今後、真に好きになる人は「モテ」から遠い人なんだろうなって気もする。

いや、わからない。

 

 

俺は何を書いているんだろう。書く時間帯は考えるべきである。