SUPERBALLING

とりあえず、好きなことともの。気になったことや疑問。独断と偏見に満ちた妄想。あたりで書いてます。

視点の動かし方にしっくりきてるんだと思う。「恋をしましょう」

当時実際に、店の中で引っかかって眺めた気がする。

画像を失礼ながら拝借。

 

f:id:SuperBall:20160413124007j:plain

 

恋をしましょう

みなさん恋をしましょう。

誰かを好きになりましょう。

そして自分を好きになりましょう。

みなさん恋をしましょう。

それは世界を新しくしますから。

知らなかった歌を好きになったりしますから。

ゴハンが美味しくなったりしますから。

深呼吸の意味を変えたりしますから。

それは嘘の悲しさを教えてくれますから。

たとえそれが終わっても、きっと何かを残してくれたりしますから。

さあ、年齢を超えましょう。

性別を超えましょう。

国籍を超えましょう。

経験を超えましょう。

みなさん恋をしましょう。

地球は愛が救ってくれますから。

 

恋をしましょう。

 

=========================

 

近い視点から遠い視点に、中盤の視点の柔らかさと細やかさとかスゲー。

「さあ、」から一気に広く早くなるような気がして、スピード感も完全にコントロールされている気がする。いやはや。

 

細やかに、優しく、柔らかく、広くしていく様を強く感じたので、今度この真逆の感触をイメージして妄想書きしてみたいと思います。

堅く、強く、内側に研ぎ澄ましていくような感じで。何かテーマがないときついんで、やっぱりスポーツ系のものを当てがって書くのがいいかな。自分の好きなモノになりきって擬人化として書くとか。

 

ちょっと真面目に書いてみたいので、それはおいおいで。

 

それにしても、恋愛に疎い自分にはこの細い視点は恐れ入ります。高崎卓馬さんはどんな恋愛をしてきたんでしょう。