SUPERBALLING

とりあえず、好きなことともの。気になったことや疑問。独断と偏見に満ちた妄想。あたりで書いてます。

これからたまに、「演じる」練習をしてみたいと思います。

文章の話です。

 

このブログを書き始めて半年は経ちましたが、自分の文章の書き方とか癖みたいなものが見えるようになりました。そんで当然ながら、良くも悪くも性格的なものが見えているはず。

 

前に書いた内容で言ったら、自分で書くのもおかしいですが、きっと僕は②番目。

少しづつ、強くも、おちゃらけても、いきたいと思いつつ、それがなかなか難しいのが常なので、まずは文章からでも「演じて」いってみようかと思いまして。

行動が性格を作っていくとも言いますし、人に迷惑をかけないこの場所からちょっとづつということで。

俳優さんが「自分の性格と真逆を演じるのが一番楽しい」と言っているのも聞いたことがありますし、これはこれで面白いものがあるはず。

 

とりあえず設定してみるとしたら、

①は一人称が俺の「強(つよし)」くん。

②は一人称が僕の「優(まさる)」くん。

③は一人称がコロコロ変わる「遊(ゆう)」くん。

④そして、一人称が自分、客観的というかちょっと無機質で淡々としている「冷(れい)」くん 。

あたりでしょうか。笑

 

題材によってどれかの性格、またはみんなの視点で一つの題材を書いてみるなど気分で決めたいと思うので、面倒でしょうがお付き合いください。

一人インサイドヘッド的な?

youtu.be

 

こう見ると、むりやり演じるというよりかは、日頃みんなが感じる①〜④を、あえて個別にして盛って書いてみる、といった方が近いのかも。

自分を含めみんなが、日頃どこかの要素に偏って生活している人(表に特徴として見られている)が大半だと思っているのですが、今までにない自分を出すために日頃あまり使っていない筋肉も筋トレしてみよう、的な?

 

そういえば、前に芸人の若林さんが、「俺と僕の間が欲しいよね。」って言っていて、激しくうんうん言っていたわたくし。皆さんもそういうことあるのかな。