SUPERBALLING

とりあえず、好きなことともの。気になったことや疑問。独断と偏見に満ちた妄想。あたりで書いてます。

Twitterログ4/7(金)ほぼ日メモ

 

 

ほぼ日メモ

・散歩から帰ってきた犬が、足を洗うバスルームまで、
 家人に抱っこされて行く姿が、とても好きだ。
 ぼくに、いろんな好きなものはあるけれど、
 犬が抱っこされて廊下を行く光景は、かなり上位に入る。

 仔犬のときから、犬は自由で生意気で、
 じぶんだけでなんでもできるようなつもりで、
 家中をわがもの顔で走り回っている。
 なにか欲しければ催促をするし、
 おしっこをすれば、ほれ早く片づけろと命令をする。
 王さまのようなふるまいで生きている。
 しかし、抱っこされている犬というのは、
 純朴で小さくてなにもできない赤ん坊のようである。
 「ふだんは威張ってるくせに、抱っこされてらぁ」
 という目で、ぼくは犬を見てしまう。
 ちょっとわるいかなとも思いつつ、
 好きなコをからかうような気持ちで、
 抱っこされて運ばれていく犬を見て微笑んでしまう。
 
 犬としてみれば、弱みを見せてしまって、
 「少々、残念である」というところかもしれないが、
 抱っこされている犬の、その弱さというものは、
 犬たちの強さの何十倍もの力になっているように思う。
 その弱さは、ぼくらの親しさをたしかめさせてくれる。
 ぼくら人間がいないと、生きていけないという事実を、
 素敵におもしろいかたちで思い出させてくれる。
 大丈夫だよ、ちゃんとぼくらが守るからと、
 ややオトナな気持ちになって、ぼくは犬を見る。

 そういえば、と、いっしょにしては申しわけないのだが、
 魅力のある人間たちというのは、
 こんなふうな、「抱っこされている犬」みたいな、
 愛嬌のある弱さを持っているような気がする。
 あの人、この人、ぼくにとってかっこいい人、
 尊敬している人、魅力的な人たちはいっぱいいるけれど、
 みんな、意外な弱さのようなものを合わせ持っている。
 意図してそう振る舞っているのではなさそうなのだが、
 どうしても顕れてしまう「純朴な弱さ」のようなものが、
 その人の強さ以上に、人を惹きつけるのだ。
 勉強とか、努力では身につかない賜物のように思える。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
完全な人になんかなれっこないし、魅力もないってことね。