読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SUPERBALLING

とりあえず、好きなことともの。気になったことや疑問。独断と偏見に満ちた妄想。あたりで書いてます。

Twitterログ4/19(水)ほぼ日メモ

 

今日のダーリンより

・それにしても、昨夜の上野「東京文化会館」での
 「矢野顕子×上原ひろみ」のコンサートは、すごかった。
 音楽の激流に洗われて細胞が活性化したという感じ。
 まだ、余韻が消えそうもないです。
 そして、日記風にいえば、本日は朝から
 「伊集院光とらじおと」の収録に行きまして、
 終了次第、そのまま福岡に向かいます。
 親しくしていただいている博多の「グルーヴノーツ」に、
 ITに関わるレクチャーを授けてもらいに行くのですが、
 夜には前川清さんとお会いして、少々話をしてきます。
 ごっちゃごちゃに見えますが、そんなこともないです。

 ま、いつも以上にごちゃごちゃ動いている日に、
 「ほぼ日」にとって、けっこうな大ニュースです。
 ぼくらも、もともとおつきあいのある方々で、
 それぞれのお仕事についてずっと尊敬していた
 お二人の方々が、「ほぼ日」という船に乗り込みます。
 若い新人、とかではありません。
 早野龍五さんと、河野通和さんです。

 僥倖というか、おれたち運が強いね、というか、
 実にすばらしい出会いになりました。
 そこらへんのことについての短い経緯と、
 ぼくを含めた三人からの初めてのご挨拶と、
 どうしてこういうことになったのかという
 「動機」やら「歴史の必然?」について話をしました。
 詳しくは、そちらをゆっくりとお読みください。
 ふだんの連載の構成で、全4回としてつくりましたが、
 全4回分を、本日、いっぺんに掲載します。
 この鼎談が行われたのは、6日前のことでしたが、
 特急で仕事をして、すぐ掲載することにしました。
 正直言って、とても恵まれた流れを感じます。
 そして、とても愉快です。
 ふんばる足に、ぐっと重みを感じています。
 まさしく、夢に手足がついて動き出していくところです。
 できることが増えていく実感が、もう、あります。
 早野さんの東京大学最終講義で語られた
 「アマチュアの心で プロの仕事を 楽しそうにやる」
 こういうことが、もう「ほぼ日」で始まっています。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
しばらく「さん付け」が直らないのですが、ま、いいかな。