読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SUPERBALLING

とりあえず、好きなことともの。気になったことや疑問。独断と偏見に満ちた妄想。あたりで書いてます。

Twitterログ3/20(月)ほぼ日メモ

 

 

今日のダーリンより

・わかる人なら、すぐわかっちゃうクイズです。

 さくらんぼ、いちご、りんご、なし、うめ、もも
 びわ、プルーン、あんず、洋なし、プラム。
 あなたの好きな果物はどれ? 
 っていうことじゃなくて、この植物の共通点は?
 まだわからない人には、ちょっと追加しましょう。
 アーモンド、さくら、バラ。
 
 もうわかりましたか、すべて「バラ科」なんです。
 いちごだけ、草だからちがうんじゃないかと思いますか?
 実はぼくもそう思っていたのですが、
 草か木かは、「どうってことない」らしいです。
 すべて「バラ科」なのだということです。
 香り、味、見た目、バラ科はすごいものですね~。

 あえて、バラ科じゃない果物を探してみたら、
 みかんやレモンなどのかんきつ類ぐらいかな。
 あとは、バナナとかマンゴーとかの熱帯系のものか。
 あ、スイカやメロンは「ウリ科」でしたね。
 そっか、「バラ科」ばかりじゃないこともわかったけど、
 でもやっぱり「バラ科」の勢いは圧倒的だと思います。
 
・なんで「バラ科」のことを書いてるかといえば、
 ぼく自身が「バラ科」を好きだ、という理由です。
 なんというか、その、
 バラだとか、さくらだとか、いちごだとか、
 うめ、ももさくらんぼ‥‥かわいいものばかりで、
 だれもが好きそうな、ポピュラリティそのものみたいな、
 いかにもふつうの好みなのですが‥‥しょうがないです!
 わしは、好きなものを好きと言ってるだけじゃけん!
 
 というようなことを、若いうちは言えませんでした。
 虚栄心の一種だったと思うのですが、
 「いかにもふつうの好み」が恥ずかしかったのかな。
 あるいは、バラだのさくらんぼだのが女の子っぽいのか。
 ぼくは、わりとそういう見栄から遠いつもりでしたが、
 なんとなく言い出しにくかったなぁとは思います。
 年をとると、自由になれるものですよね。
 さて、これからまた、いちごをいただきまーっす。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
思えば酒を飲めないことさえ、肩身が狭い時代もあったね。