読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SuperBall のように。

とりあえず、好きなことともの。気になったことや疑問。独断と偏見に満ちた妄想。あたりで書いてます。

Twitterログ3/13(月)ほぼ日メモ

1日Twitterログ

 

 

今日のダーリンより

『気仙沼から相馬へ、打ち合わせと雑談の旅。』
 から戻ってきました。
 毎年3月11日は、なにがなくても気仙沼に行くと決めて、
 それを続けています。
 理由は、わりに単純なことだと思います。
 2011年の冬に、陸前高田「八木澤商店」の河野さんが、
 「正月を過ぎたら、忘れられちゃうんじゃないか」と、
 本気でさみしそうに言ってたのがきっかけでした。
 「そんなことないですよ、忘れないですよ」と、
 ぼくは言いましたが、未来のことですから、
 忘れないという自信があったわけではありませんでした。
 だから、「忘れないですよ」という約束を守るのに、
 じぶんたちに対しての、いろんな仕掛けをしたわけです。
 やりかけの仕事をつくる、というのは、
 そのためのいちばんわかりやすい方法です。
 「たとえ忘れたって、また来る」しかないのですから、
 忘れなくなっちゃうに決まってます。
 じぶんを、いいかげんな人間だと思っているぼくは、
 そんなじぶんの決意とか意志みたいなものを、
 あんまり信用できないものですからね。
 
 で、今年は、もっとわかりやすく用事がありました。
 福島県相馬市での「気仙沼さんま寄席」の打ち合わせ。
 立川志の輔師匠と、じっくり計画を進めてきて、
 場所も、日程も決められました。
 その計画を、どんなふうにふくらませるか、
 いろんな人に会って、相談してきたわけです。
 気仙沼のきっぷのいい「さんま関係」の方々、
 さらに、発想も行動力もある「おかみさん」たち、
 福島の前向きな新しいなかまたちに会ってきました。
 なんていうか、ものすごくたのしい旅になりました。
 関わるメンバーが、みんなそれぞれに、
 じぶんの力をみんなのために役立てる場面が、
 このプロジェクトでつくれるんじゃないかしらん。
 これを読んでいるみなさんも、ぜひ、
 相馬に観にくる、食べにくる、遊びにくるという感じで、
 力を貸してくださいね。
 ただ、今回の旅のたったひとつの困ったところは、
 あちこちうまいものばかりに誘惑されて、
 いつも腹いっぱいで苦しかったこと、でした。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
家にもどってから、夜中まで続いた野球中継も観ましたよ。