SUPERBALLING

とりあえず、好きなことともの。気になったことや疑問。独断と偏見に満ちた妄想。あたりで書いてます。

Twitterログ3/10(金)ほぼ日メモ

 

今日のダーリンより

・今日が3月10日、ということは、明日が3月11日。
 昨年は10日に気仙沼に入って、そのあとは、
 閖上に臨時でつくったテレビのスタジオで過ごしました。
 今年は、気仙沼から福島の相馬に向かいます。
 しばらく顔を見てない人たちの顔を見ることと、
 秋に予定しているイベントの大事な打ち合せがあります。
 もうじき、詳しいことをお知らせしますが、
 あらためて、全国のみなさんと東北がつながる企画です。

・このひと月ほどは、実に目まぐるしかったです。
 あれこれとやることが多いのは覚悟していましたが、
 思わぬこともいくつか重なり、
 しかも悲しいこともあったりしたために、
 かなりハードな日々になりました。
 昨日、ひとつ仕事の予定をサボらせてもらって、
 家事やら昼寝やらに勤しんだおかげで、
 ちょっとなにかしらが、楽になりました。
 情熱も冷静も持ち合わせていたつもりでしたが、
 無意識の部分がかなりくたびれていた感じです。
 でもね、気仙沼で温泉につかってくるから大丈夫です。

・みんなに、まだ、本格的には相談してないけど、
 じぶんなりに熟成させてる企画があります。
 コンセプトとしては「Get Back」と呼んでいて、
 ビートルズの歌のタイトルのままなのですが、
 意味は、彼らの歌詞とはちがうところにあります。

 あえて言えば「うしろにあるぞ」というようなことかな。
 歴史というか、古典への敬意がテーマです。
 「古典の素養」、というものは、
 かつては大事にされてきたらしいのですが、
 このごろになると、そんなものは不要とばかりに、
 新しいもの新しいものに人びとの関心が向かっています。
 ぼくも、教養を押し売りされるのは嫌いですが、
 いまごろになって、自身の「古典の素養」の貧弱さに、
 これはなんだか根っこの弱い木みたいだなぁと、
 思い直しはじめているところです。
 会社の仕事が終わった後に「シェークスピア」やら、
 「ダーウィン」「万葉集」やら「源氏物語」を学ぶ場。
 そういう場を、つくってみようと思っています。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
ぼくらの後、足跡のさらに後に、たからものが隠れている。