読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SUPERBALLING

とりあえず、好きなことともの。気になったことや疑問。独断と偏見に満ちた妄想。あたりで書いてます。

Twitterログ3/7(火)ほぼ日メモ

 

 

今日のダーリンより

・人はみんな変人だと、だれかが言ったっけ。
 そういうものかもしれないなぁ、と思う。
 自慢じゃないけど、ぼくは変人じゃない。
 平凡を重ねて生きてきたつもりだ。
 そりゃぁ若気の至りで、ヘンを気取ったこともあるさ。
 人とちがってナンボという世界も知らないわけじゃない。
 だけど、だんだんと、ふつうの強さを知るようになる。
 いっそふつうを極めてみたいものだ、と思うことになる。 
 ただ、ふつうのつもりでいても、
 どうしても滲み出てしまうナニカというものがあるのよ。

 ずいぶん昔のことだけれど、
 上岡龍太郎さん司会の謎解き番組に参加したことがある。
 こういう企画の番組をやろうよと、
 仕事でもないのに言い出したのは、ぼくだったから、
 その行きがかり上という感じで出演することになった。
 
 スタジオのなかで、物語ははじまる、
 事件が起こるのを、テレビモニターでぼくらは見ている。
 その後、スタジオに残ったさまざまな証拠や状況を、
 ぼくたちゲストが調査していって犯人を推理するのだ。
 参加したぼくは、その役割をとてもたのしんだ。
 だれが犯人で、犯行はどういう方法で行われたか?
 ぼくも、解答者のひとりとして得意気に語った。
 そして、たしか3つの事件の推理に、すべて惨敗した。
 ぼくは、「いい考えだと思ったんだけどなぁ」と、
 悔しがりながらもたのしく番組を終え、ゴキゲンだった。
 
 それから何ヶ月の後、家人でもあるヒグチカナコさんが、
 上岡さんの関西のテレビ番組に出演したとき、
 休憩時間に、質問されたのだそうだ。
 「おたくの、あのご主人、あれは天然なんですか?
 わざとのような気もするのですが、わからんのです」
 家人は、「わざとはできませんから、天然です」と、
 「イトイシゲサト専門家」として断言したらしい。
 ぼく自身はただの「まちがい」だと思っていた解答が、
 上岡さんには「とてもアホ」に思えたのかもしれない。
 あんまりアホなので、確かめたくなったらしい。
 ふつうを極めようとしても、漏れでてしまうアホ成分。
 そっか、それはもう、個性として愛でていくことにした。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
スタジオで現場検証する推理番組、またやらないかなぁ。