読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SuperBall のように。

とりあえず、好きなことともの。気になったことや疑問。独断と偏見に満ちた妄想。あたりで書いてます。

Twitterログ2/28(火)ほぼ日メモ

1日Twitterログ

 

 

 

今日のダーリンより

・どうやら、現代でも、かなり多くの人が、
 「愛」というものはあると考えています。
 これが愛、それが愛、愛がある、愛がない。
 見えなくても、数字で計測できなくても、
 「愛なんてものはない」と言う人はほとんどいない。
 よく探せば、どこかしらに、
 「これは愛と呼べるものじゃないか」というふうな
 欠片(かけら)くらいは見つけられるものです。
 
 でもね、ぼくは「愛」については考えあぐねたままです。
 いろんな「いいことのスキマ」に、
 「愛」というやつをはめているんじゃないかと、
 ちょと疑っているようなところがあります。
 「それが愛なんだよ」と、いい感じのことには、すべて、
 人びとが勝手に「愛」と名付けているんじゃないか。
 「愛、ずるいよ、総取りして」と言いたい気分なんです。
 
 さらに、人はわりと「愛」を語り合うのも好きです。
 歌いたがったりもします。
 そこにあるのかないのか、探しもします。
 けっこうひっきりなしに、愛は人気ものになっています。
 
 それに比べて、というつもりもなかったのですが、
 「心」ということばは、あんまり人気がないような‥‥。
 「心」も、どこにあるのか見えません。
 重さも、かたちもありません。
 「そんなものはない」という人もいるのが「心」です。

 で、ぼく自身は、「心」がどんどん好きになっています。
 たいていのことは「心」が関わっていると思っています。
 なにかするときに、マニュアルとか見ながら、
 その通りにやればいいとかは、どうにも考えられません。
 「心のあるもの」と「心のないもの」は、
 いくら似ているように見えていても、
 まったくちがってくると、言いたくてしかたありません。
 だけど、そういうことを言うと、
 古い人とか、神秘主義の人だと思われちゃいそうです。
 そういうわけじゃないんですけどね。
 だって「心」はあるでしょう、実際に‥‥と思うんです。
 なんかもっと「心」のことを言ってもいいんじゃない。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
『ラ・ラ・ランド』、心がこもった映画だと思いましたよ。