読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SUPERBALLING

とりあえず、好きなことともの。気になったことや疑問。独断と偏見に満ちた妄想。あたりで書いてます。

Twitterログ2/16(木)ほぼ日メモ

 

今日のダーリンより

・ぼくはじぶんのことを
 特に「はたらきもの」だとは考えていない。
 人の目を盗んではさぼり、
 じぶんにいいわけをしては遊び、
 すきあらば眠り、機嫌がよければなにもしない。
 そういうふうに生きてきたと思っている。

 「ほぼ日」の創刊からしばらくの間は、
 ぼくも「はたらきもの」だったと思う。
 じぶんのなかで、はたらくのが流行っていた。
 あのときに、とてもたくさんはたらいたせいで、
 その後に、とぼけたことをやっていられる土台ができた。

 しかしまぁ、長く生きているというのはたいしたことで、
 あれやこれやと、じぶんのやった仕事を、
 ひとつずつ足し算していくと、それなりの分量になる。
 この『今日のダーリン』の連載にしたって、
 もし、毎日書いた18年分をまとめて本にする、
 というようなことを企んだとしたら、
 内容はともかく、形式だけは大全集のようになるだろう。
 これじゃ「はたらきもの」にも見えてしまう。
 だけど、ぼくはほんとうに「はたらきもの」じゃない。

 と、これまでの約20行とまったく関係ないのだけれど、
 いままた、ぼくは「はたらきものの旅」に出ている。
 スケジュール表を見ていると、頭がくらくらしてくる。
 ほんとうに帰港できる航海なのだろうか、とか、
 冗談のように言っても、だれも笑いやしない。
 しばらくは、ぼくに会えないと思っててください、
 というのも冗談ではあるのだけれど、
 さまざまな不義理もたくさんしなきゃならないと思う。
 なにせ「はたらきものの旅」の空の下にいるのだから。 
 つらそうに書いているようだけれど、
 実はおもしろがってもいるので、ややこしい。

 たぶん、この一週間の航海が終わったら、
 人として一皮むけてるかもしれないよ。
 そういう緊張感のある日々が、
 こんな年齢になってもあるということに感謝さえしてる。
 さ、これ書いたら風呂に入ってすぐ寝るぞー。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
ぼくの元気を確かめるためにだけでも、毎日来てくらさい。