読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SuperBall のように。

とりあえず、好きなことともの。気になったことや疑問。独断と偏見に満ちた妄想。あたりで書いてます。

Twitterログ1/31(火)ほぼ日メモ

1日Twitterログ

 

 

今日のダーリンより

《・なんどか、書いたこともあるかもしれないけれど、「お相撲さんは、寒くない」と思っている人がいたら、それはまちがいなんだと言ってあげたい。たしかに、裸でまわしひとつで土俵に上がるから、寒くないと思われやすいかもしれないけれど、室内で試合中だからね、あれは。脂肪があるから寒くないということはまちがいです。近所のデブの人に聞いてみてくれ、寒いに決まってる。真冬の屋外で土俵入りみたいなことが、もしあったら、寒いけれど、立派に勤めているのだということだ。けっして「寒くない」わけではない。

別の場でも、「お相撲さんは寒くない」みたいなことが、他にもけっこうある。「タレントとか、名を知られている人は、よく悪口やうわさ話を言われなれているから、平気」だと思っている人も、いるかもしれない。たしかに「平気であろうとしている」人は、いると思う。そうでないと身が持たないから、どうやったら気にしないでいられるだろうという技術を、少しずつ身に着けてきたという人はいる。いや、ほとんどがそのケースじゃないかなぁ。「それが仕事ですから」と割り切ったことを言う人も、そういうふうに整理する思考を練習して身に着けたのだ。「悪く言われているほうが、なにも言われないよりまし」という言い方も、お笑いの人とかがよく言うけれど、そう思うようになるまでに、どれだけ修業したことか。

「あれこれ言われるのがいやだったら、そんな商売をやめたらいいじゃないか」とも言われるし、「そのマイナスを上回るいい思いをしているんだから」というようなイヤミもよく言われているようだけど、ほんとに、そういうものなのかなぁと、ぼくは思う。お相撲さんは、寒いし、タレントは平気じゃない。実際に、身体や精神に不調をきたした人もいる。

人がなにを言おうがなにを思おうが自由かもしれないが、わざわざ人のいやがることを言うのは、言っている本人自身のたましいを、傷つけている。そういうことでもあると、ぼくは思っているんだよね。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。ちなみにぼくは寒がりで打たれ弱くてものぐさで元気です。》