読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SuperBall のように。

とりあえず、好きなことともの。気になったことや疑問。独断と偏見に満ちた妄想。あたりで書いてます。

Twitterログ12/29(木)ほぼ日メモ

1日Twitterログ 広告メモ

 

 

今日のダーリンより

・なんども考えたことというものがある。
 いちいち言わないけれど、いっぱいある。

 いちいち言わないと言いつつ、ひとつあげるとしたら、
 「遠く」と「近く」ってどういうことなんだろう、
 というようなことがある。

 「宇宙の果てはどうなっているんだろう」と、
 そういう問題は、みんながなんども考えてきたと言う。
 でも、その問題の立て方は、ちょっとおかしい気がする。
 「宇宙」というものを知っているかのように考えている。
 もともと「宇宙」という概念を知ったとしても、
 映画のなかで見た暗闇のやたらに広い空間、
 というくらいのイメージでしかないわけで、
 その果てがどうのこうの考える前に、
 「宇宙」というものが、ほんとうには感じられてない。
 地球ってやつにしたって、見たことなんかないし、
 そのまるくて大きなものを感じたことだってないと思う。
 わからないもの(宇宙)の「果て」が、
 どうなっているんだろうなんて、もう、
 問題そのものがよくわからないとさえ言える。
 「こどものころから、ずっと考えてきたんだよ、
 宇宙の果てはどうなっているんだろうってね」
 とか、言っていることはうそじゃないのだろうけれど、
 ほんとうに感じていたことは、それじゃないように思う。
 ぼくは、そのことに、いまごろ気づいた。
 ほんとうは「遠くってもののわからなさ」を、
 こどものころからずっと考えていたのではないか、と。
 
 「遠く」って、どこまでなのか。
 「遠く」になにがあるのだろう、「遠く」ってなに?
 その「遠く」の延長にあるのが、宇宙という概念なのだ。
 「遠く」に行きたいのか、行けるのか、行っていいのか。
 どこまでも「遠く」に行っていいのか、行けないのか。
 「遠く」の人たちと、つきあうのか、戦うのか。
 「遠く」は、そもそも、じぶんにやさしくできるのか。
 わたしは「遠く」を受け容れられるのか。
 そのことについて、いろんな角度からずっと考えてきた。
 男が女を考えるとき、生きている人が死を考えるとき、
 実は「遠く」の秘密と、「遠く」への憧憬を思っている。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
「思えば遠く来たもんだ」とは、だれもが感じることだ。