読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SUPERBALLING

とりあえず、好きなことともの。気になったことや疑問。独断と偏見に満ちた妄想。あたりで書いてます。

Twitterログ 10/19(水)メモ貼り、ほぼ日メモ

 

 

ほぼ日、今日のダーリンより

・道半ばの その道こそが 道である

 と、妙に七五調の一行が思い浮かんでしまった。
 そのまんまのことを思ったのだから、しょうがない。

 よく、なにかのことをやっている人が、
 その完成を見ないままに場を去ったときに、
 「道半ばにして」という言い方をするのだけれど、
 世の中って「道半ば」だらけだよなぁと考えていた。
 さみしいことを言うと思われそうだけれど、
 ぼくがいま考えているいろいろなことが、
 すべて思ったとおりにどこかに着地して、
 「道よ、わたしのふり返るところに見える道よ」
 なんて言えるとは、とうてい思えない。
 前にも続く道があって、後にも道があって、
 ぼくはきっとその途中のところにいるはずだ。
 それは、口惜しいことでも残念なことでもなさそうだ。
 そういうことが、なんだか急にことばになったのである。

 道にいたい、と思う。
 道端でしゃがんでいようと、道にいるのが好きだ。
 動きのなかにいたいということかもしれない。
 いつも途中のところにいたいのかもしれない。
 そのことが、欲が深いとも思えない。
 だってね、生きているということはそういうものだろう。
 みんなが道の途中にいて、ほんとは家なんてない。
 そうそう、家も道の上にあって動いているんじゃないか?
 ぼくには、そんなふうに思える。
 
 道なき道も、道になるから、
 あらゆる場所は、道になりたい場所だ。
 宇宙の彼方にさえ、そこまでの道を見つけるのが人間だ。
 いちどでも潜り着いた海の底は、もう道の向こうだ。
 方向が見えて、向かって歩む意志さえあれば、
 それはもう道というものなのだ。
 ただ、最初に行くものと、その道を行くものがいるだけ。
 そんなの、どっちでもいいよ、
 みんな「にんげんだもの」ね。 
 
 プロ野球選手の引退を見てたから、思ったことなのかな。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
「ほぼ日」も「道半ば」のところにおります、しくよろね。