読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SUPERBALLING

とりあえず、好きなことともの。気になったことや疑問。独断と偏見に満ちた妄想。あたりで書いてます。

Twitterログ 8/20(土)メモ貼り、ほぼ日メモ

 

 

ほぼ日、今日のダーリンより

「ほぼ日手帳2017」の記事が増えていくごとに、
 手帳ファンとして「ほぼ日」とおつきあいのある人が、
 いつも以上にたくさん集まってくれます。
 
 「ほぼ日」というのは、ほぼ日刊イトイ新聞のことです。
 でも、それを「ほぼ日手帳」のことだと思ってる人が、
 けっこう少なくないようなのです。
 「わたしも、ほぼ日を使ってるんですよ」などと
 話しかけられることも、よくありました。
 ほんとはちがうんだよ、と言いたい気持ちもありますが、
 手帳をきっかけに「ほぼ日刊イトイ新聞」全体を 
 たのしんでもらえるようになると、うれしいと思います。
 でも、ね、細かいこと言うつもりもないんです。
 
 今年は、いつもの年以上に、「ほぼ日手帳」のことを、
 大きく広くとらえるようにしたつもりです。
 ざっくりと「ほぼ日手帳」というのは、
 「LIFEのBOOK」なのです、と言っています。
 いわゆるスペック的なことは、
 「そういえば‥‥」と確かめてもらえたらいいや。
 いいところは残し、直せるところは直して、
 自信を持ってすすめられるものだということは、
 ずっと使ってくれてる人がよく知ってますから。
 それより、使ってくれる人が、使いながら、
 「これが、わたしだよなぁ」と思ってもらえるような、
 その人の「LIFEのBOOK」になってくれるのがいい。 
 実際に、そういう人たちがいっぱいいますから。

 「ほぼ日手帳」のムービーも、
 そういう気持ちでつくっています。
 今年、コラボレーションしてくれたのは梅佳代さん。
 おもしろくて、たのしくて、なにより愛しい、
 まさしく「LIFE」まるごとが表現されました。
 「This is my LIFE」と、
 「なんでもない日、おめでとう」は、
 言い方はちがうけど、同じこと言ってるのかもしれない。
 今年のムービーの出来上がりをみて、そう感じました。
 
 9月1日の発売日が近づいて、みんなやや興奮状態です。
 オリンピックという祭りの最中に、祭りの準備中です。
 
今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
そして今日から「TOBICHI」で79種のカバーが見られます。