SUPERBALLING

とりあえず、好きなことともの。気になったことや疑問。独断と偏見に満ちた妄想。あたりで書いてます。

これを見たら<懺悔>を思い出したよ、「ウォーリードール」

本屋にある絵本からそれを知りました。その絵本についても以下のまとめで一緒に紹介してくれています。

日本にも近いものがあるのかもしれんけど、これを見て一番に思い出したのが、映画等でよく見かける「教会での懺悔」でした。

このドールが小さい子に使われるであろう内容には、懺悔という何か大きな秘密をしゃべるということまでいかないだろうけど、内に秘めるモヤモヤを外に出すという意味では近いのかなと。

 

それにしても、どんな内容のことでも全て聞き受けるあの部屋の特殊性は面白いな、と。どんな人でも来る公共のような場所で、神父様がどんな内容のことでも外に出さず聞いてくれる。たとえ犯罪に関するようなことでも。一番SNSの取り扱いを気にしなきゃいけないジャンルの人の一人かもしれない。暴露本とかもってのほか。笑

 

 

すっきりするにも、まとめるためにも、外に出すということは体感として違ってくるなとはわかっているので、うまくグチれないお子さんはこういうものでもええからすっきりしてください。

 

ネネちゃんはちょっと強すぎるけどね。