読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SuperBall のように。

とりあえず、好きなことともの。気になったことや疑問。独断と偏見に満ちた妄想。あたりで書いてます。

穏やか系な人を見つけたら、「ブログとか書いたりしてません?」って聞いてみることをおすすめします。

その他 妄想

いわゆる「喋っておもしろい人」はすごくわかりやすいと思うんですけど、そうではなく、どちらかといえば穏やかで優しく笑ってくれてるような方、といいますか。

 

これは自分のある体験則なんですが。

日頃奇抜なことを言うわけでもなく、会話の場面で恋愛話とかになると「いい人なのにね〜」と飲みの場でイジられている先輩がいたんですが、いつもそこはかとなく品があって常に優しい。それでFacebookとかでふらっと流れてくるその先輩の投稿を眺めるたびに、いつも面白くてセンスあるよな〜と思ってました。

 

おもしろい云々は単純に自分の好みの問題でもあると思うんですが、それとは別に「話すと書く(読む)のスピードの違い」が大きく関係しているのかなと。

 

 

かくいう私はブログを書き始めて半年以上途切れることなくやれていて、今まで長く続けられたことがなかった者としてはけっこうビックリで、単純に自分の性質に向いてることの一つだったのかなと思えているのですが、いかんせん日常会話は相変わらずたどたどしい...。笑

自分の脳内スピードが遅めだとか話の流れから全然関係ないことが浮かんでしまうっていうことと、会話のスピードをうまく合わせたいっていうことのせめぎあいの毎日なんですね。なので、会話から切れ味鋭い人なんてそれだけで尊敬ものです。

 

きっとその先輩は、目の前の人とのスピード感を考えながら外側には出していないものがたくさんあったのではないか、と妄想しておるところ。

 

 

ブログでなくても、日常的にやれるwebサービスなんていっぱいありますが(例えば写真系とか)、そのような人は文章など少し時間がかかりながらはき出す作業の方がある意味向いているのかも、と思ったので。

 

 

あと単純に、そういう人の普段見せてない内側って興味あるじゃないですか。笑

 

 多くの人に見せるためのブログっていうのも当然多く存在していますが、それよりも「自分のために書いているブログ」の方がどちらかといえば興味がある。最低限意識するのは自分の知っている人ぐらい、の方がいろんなことを気にしないで書けるし気が楽だし。体裁整えながらなんて場所は他にもいくらでもあるし。

 

 

それにしても誰か「ブログを使って日常会話がスラスラできる実践方法!」なる題の書籍を出してくれないだろうか、即買いである。
いや、題名からして怪しすぎるな...。