読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SUPERBALLING

とりあえず、好きなことともの。気になったことや疑問。独断と偏見に満ちた妄想。あたりで書いてます。

スタートとゴールをむりやり近くするのは、いいのかわるいのか。

ガンガン動きたいミーとしては、近くなるのっていいんだけどなー。

こちらをどうぞ。

まあ、長さからしてもガンガン滑れるのかなとか、安全面って大丈夫かなとか、使う人の人数制限ってあんのかなとか色々ツッコミどころを覚えてしまうんですが、4時間もかかる人たちからしたらダイナミックでおもろいアイデアかもと。

そんで単純にこの絵を見ていいなーって思ったのが、「もしかしてリフト的な待ち時間がちょー短いんじゃね?!」ってこと。単純に距離が近いから。笑

 

小中学のスキー教室でも好き勝手に滑らせてもらっていた身としては、あのリフトに乗っている時間が退屈で仕方なかった。。。そんで監視カメラがないのと地面までの距離がちょー近い場所を選んで、ふざけて飛び降りてたこともありました。良い子は決してマネをしてはいけません。

 

全体のサイズとかいろいろと考えることもあるけど、これってスキー以外でも何か活用できることあんじゃないかなって思って、メモ書きでした。

 

 

でもいかんせん、その待ち時間を楽しんでいる人たちもいるんだろうなって思って、ふといつもの俺を思い出してハッとする。。

youtu.be

youtu.be

 

いやいや、ストイックに滑りたいけどなー。。。