読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SuperBall のように。

とりあえず、好きなことともの。気になったことや疑問。独断と偏見に満ちた妄想。あたりで書いてます。

「読書」

好きなもの 書籍

しました。この前の土日、友人の結婚式で熊本に行ってきた時のことです。移動時間とか休憩の時に読む本がないかな〜と本屋により、パッと気になった本があったので購入。カフェにてこの本を読んでました。

 

 

恥ずかしながら、なぜか、カフェで一人軽く泣いていました。

近くに座っていた人は、軽くビックリしていたでしょう。

 

大変素晴らしい本でした。おすすめです。

泣いたのはなんでなのか。色んな部分で共感したからなのかなんなのか、後でもう一回読んでみたいと思います。

 

ちなみに、カフェのカウンターで読んでいたのですが、目の前のガラス越しの先に座っていたオッチャンも、同じ本を同じようなペースで読んでいるであろうところを発見して、どこか嬉しいやら恥ずかしいやら。やはりめっちゃ売れているようです。